カテゴリ:社長ブログ( 104 )

但馬野鳥の会 ラップウイングの再版 その原稿
趣味を育てて・・・  岩本和久

松本茂先生、小林桂助先生との思い出  ~中学生時代~

ボクが中学生3年生の頃、ラップウイングVol.1 の表紙を描いた。タゲリの羽ばたく姿を描いた細密なペン画の表表紙と、単純な線で描いた裏表紙だった。ペン画を見た小林先生が、松本先生の所に手紙を書かれた。「岩本君、小林先生から手紙が来ているから見においで」と松本先生から電話。指定の場所があった。そこは、生田通りにある「かき船」。看板を見つけ、中に入ろうとしたら、「18歳未満お断り」と書いてあった。その時、ボクは15歳。思い切って入ると、中に松本先生が席にいらしたので、ホッとしたのを覚えている。早速、小林先生の手紙を見せてもらうと、「表紙の画は中3の生徒の力作の由、実感が実によく出て居り、この程度の絵が揃えば立派な図鑑が出来る事と存じます。近頃新聞紙上に鳥の絵をよくかいて居る薮内正幸君 もう10年も前の事ですが、大阪の高校卒業前に母親と一緒に描いた画をもって私を訪ねてまいりました。将来鳥の絵で身を立てたいとの相談をうけましたので、東京へ行けば出版社が多いので画で生計をたてる事も出来るだろうとアドバイス致しましたが、近年では鳥の画としては一流になりました。岩本君のタゲリの画はたいへん見事でありますので事情がゆるせば鳥の画で身を立てることも可能ではないかと愚考致します。」(昭和57年8月25日)と書いてあった。松本先生も同じ考えのようだったが、ボクは未熟で、しっかりとした考えが無かった。取り敢えず、その手紙のコピーを家に持ち帰り、父に見せることにした。父は画家になることは大反対だった。画家は死んでから儲かるものだから、絶対いいことが無いと言った。ボク自身は画家になりたかったが、中卒ではダメだから高校へは行きなさいとの事だった。仕方なく、行きたくない高校に入学し、美大や芸大に行ければと、普通の勉強のかたわら、よく絵を描いていた。高校2年の時、S君から面白い漫画を見せてもらい、ショックを受けた。それは「風の谷のナウシカ」といい、映画化される前のもので、絵の迫力に圧倒された。

模型で遊ぶ  ~高校時代~

ちょうどその頃、静岡のタミヤ模型という会社が、人形改造コンテストというものをやっているのを知り、高校の同級生と出品することにした。ただ出品するのは面白くないので、自分なりにシナリオを書いた。それは、「彗星のように現れた無名の少年が、模型のベテランの大人たちをよそに、最高賞の金賞を獲る」というものだった。ボクは迷わず、モチーフに風の谷のナウシカを選んだ。まだ、誰も色も見ていないし立体にしていないものだった。もしこれで、金賞が獲れたら、どんなに世の中がびっくりするだろうか・・・。と考えて、とてもワクワクしていた。シーンはとびきり迫力のあるもので、動きがありつつ、自分で決めた色で丁寧に作ろうと思っていた。35分の1スケールという、とても小さな世界に、大きな志を込めて作品を作った。自信と手応えはあったが、結果は残念なものだった。銅賞と、ふるわなかった。それでも全日本の3位なのだから、喜んでもいいのだが、シナリオがパーとなり、とても悲しかった。一緒に出した友人も佳作と、4位という結果を出した。意外だったのは、かの有名な漫画家の鳥山明氏が佳作で、彼に勝ったことだった。しかし、この時に、物事の難しさを味わった。そんな事をして遊んだ高校時代、まともに勉強しているはずもなく、当然勉強はビリ。誰も絵を教えてくれないので、本を買い、独学で理論を勉強した。普通の勉強は全く頭に入らないけれど、絵の理論だけは不思議と理解できた。

さらに遊ぶ  ~大学時代~

バードカービングというものを、中学時代からやっていたので、大学でも日本画を専攻するかたわら、よくバードカービングをやった。一度、鳥以外のものを作ったことがある。それはトノサマガエル。学生が、モチーフである水槽のトノサマガエルを描いている時に、あらかじめ紙粘土で作っておいたトノサマガエルを水槽の中の石に置いた。リアルに着色し、ツヤが出るように、木工ボンドでコーティングしたりして、本物そのもの。しばらくほうっておいた。それでも学生はそれが作り物だと気付かず、黙々と描いていた。ボクひとり、クスクス笑っていた。そのうち、他のカエルが水しぶきを作り物のカエルにかけ、それで色があせてきて、皆異変に気付いた。それは面白いイタズラだった。そして、京都の芦生などのフィールドへよく出かけたのもこの時期。近くの京都大学の中に、「賀茂川バードリサーチングチーム」というものがあり、ボクも一員になっていた。但馬野鳥の会のTさんの講義や、Hさんに鍛えられていたのもあり、先輩よりも鳥の名前や声を知っていたので、優越感があった。しかし、日本は広い、いろんな強烈な先輩がいらして、面白かった。

仕事と趣味との狭間で  ~社会人になって~

「和久、たのむ、帰ってきてくれ!」と、父から電話。家業がうまくいかず、お金が無いので大学をやめてくれとの事だった。奨学金も何も無いので、仕方なく家業をすることになった。毎日毎日、掃除と機械の修理。丁稚奉公をしながら、少しずつ会社の仕事を覚えていった。仕事が忙しくなり、それこそ「たのむ、ボクの代わりにトイレに行ってきて」と言いたくなるような日々が続いた。そして、体をこわした。身長181cmのボクが、一時期体重が48kgまで減ったこともあった。「仕事ばかりではいけない。死んでしまう。」と本当に思った。趣味と仕事のバランスは大切。結婚してからはバードカービングをする場所と時間が無くなり、今は専ら仕事帰りにコントラバスを弾いている。おそくに始めた趣味なので、聴けたものではないが、出来ないことが出来ると、とても楽しい。全く自己満足の世界である。2010年9月12日の午後、氷ノ山にて、ボクのコントラバスの師匠の奥田一夫先生が、マウンテンバイクの事故で亡くなった。奥田先生はナチュラリストであり、趣味の話でよく波長があう人だった。奥田先生も「仕事と趣味のバランスが大切」とよく言っていた。奥田先生が、ボクが高校時代に作った人形改造コンテストの作品をよくご存知だったのには驚いた。同じ趣味を持っていて、コントラバスの35分の1スケールのミニチュアを作ってらっしゃった。何故、奥田先生がボクの作品を知っていたのかを聞くと、大阪の高島屋で展示会をしていたとの事だった。その頃はボクの受験の年で、展示会があるのを知っていても、行くことが出来なかった。思いがけない縁。しかし、その奥田先生も趣味での不慮の事故で亡くなってしまった。人生、いったい何があるのかわからないもの。仕事でのストレスで死ぬこともあるし、趣味での事故で死ぬこともある。ボクが小学生の時に松本先生にサイン帳に書いてもらった言葉がある。「趣味を育てよう」。大切な言葉だ。その先に、より良い人生が待っていると信じて、ボクも趣味を育てていきたいと思う。

b0082237_23543917.jpg

松本先生がくれた手紙に書かれた文
b0082237_23545897.jpg

ラップウイングの表表紙。これを描いた時は15歳。
b0082237_2355101.jpg

裏表紙。「たげり」と描いて、タゲリの形に。4つの縦線は、冬の田んぼをあらわした。
b0082237_23551569.jpg

小林桂助先生直筆の手紙。
b0082237_23552623.jpg

第12回タミヤ人形改造コンテストの入賞者作品。
b0082237_23553399.jpg

ボクの作品。当時17歳。
[PR]
by genbudo | 2010-10-08 23:56 | 社長ブログ

故奥田一夫先生との思い出
去る9月12日、地元但馬の最高峰、氷ノ山でMTBを楽しんでらっしゃった、センチュリー交響楽団の主席コントラバス奏者、奥田一夫先生が事故で亡くなりました。 とても大きなニュースになりました。

奥田一夫先生は、げんぶ堂のファンでもありました。もちろんボクも先生のファンでした。

13日の朝、その事実を知って、ショックのあまり仕事になりませんでした。
何が先生に起こったのだろう・・・いろいろと頭を駆け巡るが、もう先生は戻ってきません。

コントラバス仲間に、先生の通夜と葬儀の日程を教えてもらい、ボクは葬儀に参列しました。

心のこもった弔電・弔辞。そして、奥様のごあいさつ。
気丈にされてましたが、悲しみの深さはいかばかりだったでしょう。
血のつながった父を亡くされた娘さん、特にななちゃんは留学が長く、父に接する時間が少なかったからでしょうか、悲しみがひしひしと伝わってまいりました。

奥田先生は、いろんなコントラバス奏者の「父」的な存在です。

ボクは、年が近いですが、やはり「父」と思ってしまいます。
そんな人間性豊かな奥田先生と早くに出会え、遊びやコンサートや
セミナーや飲み会で時間を共有できたのが、ボクの宝物です。

奥田先生のスピリットは、皆の心に生きています。死んでません。

思い出を少し・・・

http://www003.upp.so-net.ne.jp/ultrabassissimo/contents/domokinyana.html
これは、但馬で奥田先生のコンサートを企画した時のサイトです。

http://www003.upp.so-net.ne.jp/ultrabassissimo/contents/seminar.html
これは、作用町スピカホールでのセミナーの様子。ピンクの服がボク。

http://www1.kcn.ne.jp/~mohlie/bassissimo.f./rokko2005/rokkoseminar2005.html
六甲山でのセミナーの様子、やはりピンクのアロハを着たボク。
この時のミニコンサートでは、デュオでジャズを弾きました。
奥田先生に、「岩本君は譜面が読めないと言っても、ソルフェージュがわかってるね」と言われたのが、とても心に残っています。
奥田先生は、容赦ないパソコンの伴奏で、エクレスのソナタだったかな。

http://prostfamil.exblog.jp/5040072/
和田山のジュピターホールで。ブログに載せてもらいました。
http://genbudo.exblog.jp/6114905/
こちらも、同時にブログに載せました。
ちょうどボクの結婚の年でした。

http://prostfamil.exblog.jp/6330297/
このブログだけでなく、ミニチュアの話で盛り上がりました。
奥田先生は、力強いだけでなく、繊細な方でした。

http://tajimamori.com/canoe/rv_maru03_03.html
奥田先生の初カヌーの様子を知人のたじまもりさんが記録されてます。

http://www.youtube.com/watch?v=2UPmyJTb_vg
亡くなる直前、ボクの演奏にコメントを入れていただきました。
当然、素人同然のボクですし、譜面も読めないし音楽を知らないボクに
コメントし辛かったことと思うのですが・・・やさしい方でした。
しかも、その曲がエレジー・・・。「悲歌」・・・。

奥田先生、どうぞ安らかに・・・。

合掌
[PR]
by genbudo | 2010-09-21 19:59 | 社長ブログ

福田のまわりの田んぼ空撮。
b0082237_2151537.jpg

b0082237_2152843.jpg

b0082237_21523071.jpg

b0082237_21525643.jpg
b0082237_21531457.jpg
b0082237_21535772.jpg


今朝は、雲ひとつない晴天。

かねてより、稲刈りのこの時期に、コウノトリ人工巣塔のまわりにある、我が家の田んぼを空撮の計画をたてていた。

絶好のタイミングとばかりに、朝8時から空撮。

知人のカメラマンとパラグライダー操縦士に、ばっちりハイビジョン撮影してもらった。

パラグライダーは、鳥のように飛び、地面スレスレも上空高くも、縦横無尽という言葉がぴったりなくらい。その飛行ぶりに感心しきり。

遠くに、2羽のコウノトリが見学にきて、近くの電柱にとまって、こちらを?見ていた。

パラグライダーが着陸し、撮影したばかりの映像を見せてもらってびっくり!

これは、豊岡市の宝物になります!!

ほー
へー

と感心して画像を見ていると、遠くから背広を着た人が・・・

見ると、同級生の市役所職員S君だった。

「市役所に通報があった」との事。
「コウノトリが飛ぶ場所にモーターパラグライダーとは何事か」と。
事情を言って、納得して笑ってました。

ほどなくして、パトカーが。会社の仕事に戻ろうとした僕らを拘束。
事情を話して、開放してもらった。やはり通報がジャンジャン鳴ったそう。

後で、警察に電話したら・・・

「市民の皆様から通報されますと、出動しなければなりませんので・・・。事情を察せず大変失礼しました。」と。いえいえ、こちらこそ。

なにはともあれ、素晴らしい画像をゲットできました。

豊岡市民の一生懸命つくったお米を世界に知ってもらうべく、撮影した画像を使っていこうと思います。
[PR]
by genbudo | 2010-09-10 21:54 | 社長ブログ

あらたな命をさずける「リンゴの絵」

「赤ちゃんができました」

知人が嬉しい報告をしてくれました。
以前に、リンゴの絵を差し上げたお二人ですが、二人ともあらたな命をさずかりました。

「ブログに載せてもいいですよ」とのことで、ここにご紹介いたします。
右が石橋育代さんで左が高橋容子さんです。

b0082237_17163890.jpg


元々このリンゴの絵、赤ちゃんができずに困っていた同級生のために描いてあげたものです。
「赤い実の絵」を部屋に飾ると、風水上良いとのこと。心をこめて描きました。

すると、どうでしょう。

まもなくその同級生に二人の子どもができました。

それを知ったもう一人の同級生も(子どもができずに悩んでおりましたが)、このリンゴの絵を
バトンタッチしたとたん・・・

まもなくもう一人の同級生にも、二人の子どもができました。


そして、今回。

美術印刷されたリンゴの絵にも、きっちりと効果がありました。

困っている方はどうぞお知らせください。リンゴの絵を差し上げます。
この絵は、お金をもらうほどの絵ではございません。お金をもらってしまっては効果が
消えてしまう、魔法の絵だと感じています・・・。


今まで、この絵を差し上げた方の中には、「夢にも絵が出てきた」とか、「鬱がなおった」という声も。

世の中には、不思議なこともあるものです。
[PR]
by genbudo | 2010-06-28 17:16 | 社長ブログ

素敵なケーキ屋さん
豊岡市出石町に、パティスリーアッシュカトウ という素敵なケーキ屋さんがある。
オーナーの加藤さんとは友人で、かつて一緒にジャズバンドを組んでいた。
彼は、しっかりとしたリズムと人柄を顕す、すばらしいドラマー。
音楽に長けているだけではなく、ケーキを作りも本格派。
フランスに修行に出て、本場の技術を得て、出石でパティシエをやっている。

彼の作るケーキはとても美味しく、人柄そのものだ。

寒い中、お店の前でポーズをとってもらった。いい笑顔ですよね。
b0082237_18575218.jpg

店の入り口には、なにやら置物が。
b0082237_18581980.jpg

実はこれ、加藤さんがお菓子で作ったディスプレイ。
東京で行われたコンテストで、銅賞に輝いたもの。地元でもニュースになりました。
b0082237_18582864.jpg

この日、結婚式の用事で出かけてた加藤さんは、帰社してからも厨房でも大忙し。
b0082237_18584128.jpg

中では、その場で美味しいケーキを食べることができる。
コンスタントに人が出入りしていた。人気店である。
b0082237_18585049.jpg

[PR]
by genbudo | 2009-12-07 18:59 | 社長ブログ

世屋
丹後半島の世屋。ここは、一昔前の日本があるところ。
建物もほとんどがわらぶき屋根。
秋深まった世屋で、米の粉を使った料理の講習会があったので参加してきました。
b0082237_17283144.jpg


先生は相愛大学教授の坂本廣子さん。
近畿の米粉食品の普及に尽力されてらっしゃいます。
b0082237_17284092.jpg

せんべい・・・

b0082237_17291033.jpg

山芋をスライスして揚げたもの・・・

b0082237_17292487.jpg

沖縄のサータアンダギーに似た、米粉とアワを使った「開口笑」というお菓子・・・

米粉を使った食べ物をたくさん作ってくださいました。
マヨネーズのようなものとか、おしるこまで出来て、びっくりでした。
子どもにとって、こういった食べ物が良さそうだと思います。
b0082237_17293486.jpg


「豆知識」
お米とお豆さんは、脳にとってもいいんですって。そしたら・・・黒豆おかきなんて最高ですね(^^)。
[PR]
by genbudo | 2009-11-20 17:29 | 社長ブログ

稲の育ち具合
コウノトリの人口巣塔の近くにある、弊社会長の田んぼ。

ここは、「コウノトリ育む農法」を採り入れています。
品種はコシヒカリ。
まわりのたんぼと稲の育ち具合が明らかに違うんです。


まず、穂が出る前は青々と大きく育っていました。
お米屋さん曰く、「稲が倒れやすくなる」との事でしたが、まったく倒れず。
逆に、まわりの田んぼで、青々と育っていない場所では、稲が倒れていました。

収穫時期に入った現在、その差がもっと明確になってきました。

奥に見える田んぼは稲が倒れています。その手前にひろがる田んぼが
弊社会長のたんぼです。
画面をクリックして、大きくして見るとわかりやすいです。
b0082237_17542939.jpg


まずまずの育ち方です。きっと美味しいお米になるでしょう。
b0082237_17554880.jpg

[PR]
by genbudo | 2009-09-09 17:57 | 社長ブログ

ちょっとテレビ出演
今日、KBS京都さんの「ぽじポジたまご」に、少しだけ出演しました。

もともと持ち時間は7分だったのですが、山田さんと大浦さんとの
トークが思いのほか長びき、気付けば12分も公共の電波を使っていました。
アナウンサーの皆さん、さすがに話を引き出すのがウマイ!
とてもありがたかったです。

ボクは京都から豊岡へとんぼがえりしましたが、留守の間電話注文がひっきりなしだったそう。
回線が少しだけの中小企業ですから、お客様にご迷惑をおかけしたかも・・・・。

テレビでご紹介した「おかきいろいろ」のお値段は、今日限りの企画です。
6時以降は留守電にしてしまいますので、ネット注文のみの受付になります。

12時までなら大丈夫!!

どうぞご利用くださいね。

b0082237_1737171.jpg

[PR]
by genbudo | 2009-09-08 17:40 | 社長ブログ

納涼大会
b0082237_17281882.jpg


先週の金曜日、卸団地のみなさまで、納涼大会を行いました。
毎年この時期の恒例行事です。
ボクは、実行委員のひとりでした。

●たくさんの食べ物
生ビール・チューハイ・ジュース・焼きそば・焼き鳥・おでん・ウインナー・鳥のから揚げ・たこのから揚げ・フライドポテト・フレンチトースト・そしてあられ・おかき・・・。

●すばらしい音楽
1960年代半ばから活躍する、「ザ・センチュリース」の演奏をバックにカラオケ大会。

●たくさんの景品
90品の豪華景品。地元ならではのかばんもありました。
ビールが当たった人は大喜びでした。ちなみにボクは調味料セットが当たりました。ラッキー!!

今年の納涼大会では今までと違った変化がありました。

子どもさんが多くにぎやかでした。また、後片付けを手伝ってくれる人が多く、本当に助かりました。
また、誰もにこやかで、この大会を楽しんでくれたようでした。
[PR]
by genbudo | 2009-08-10 17:28 | 社長ブログ

梅雨
b0082237_1115615.jpg

梅雨に入り、カタツムリの姿も見られるようになりました。殻にこもっていたのが、動き出したようですね。経済もそうであってほしい・・・。

ただいま、げんぶ堂のお客様には、ダイレクトメールを送る準備をしています。

経済不況で、どうしても安いものを買わなければならないご時勢です。

弊社の場合、安心安全で本物であることを最優先にしておりますので、どうしても国産のお米や、醤油などの原材料にいたるまで国産のものを選ぶようにしました。

結果・・・弊社のおかきはお値段すえおきのままです・・・。

この質と価格の関係を高いととるか安いととるかは皆様にお任せしまして、弊社は変わらず愚直に自信の持てる品物を作り続けたいと思います。

おかき造りの道の歩みはカタツムリのように・・・・・。
[PR]
by genbudo | 2009-06-24 11:15 | 社長ブログ

おかき・仕事・生活・趣味など、かずひの視点から、さらりさらりと書き込んでいます。
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
宮崎さま、そうだったので..
by genbudo at 10:21
初めまして、宮崎と申しま..
by みやざきのりこ at 10:48
今朝のニュースで、福田の..
by genbudo at 13:01
gabefunyaaさん..
by genbudo at 15:16
兵庫県南部・伊丹では、金..
by gabefunyaa at 13:52
福田の人口巣塔のコウノト..
by genbudo at 08:36
久米賢生さま、そうでした..
by genbudo at 15:56
失礼しました。このサイト..
by 久米賢生 at 08:06
突然の投稿で申し訳ありま..
by 久米賢生 at 07:53
ありがとうございます。 ..
by genbudo at 08:48
お疲れ様です(*^_^*..
by マイヨット at 16:22
マイヨットさん、ありがと..
by genbudo at 16:25
新店舗オープン、おめでと..
by マイヨット at 16:23
マイヨットさん、よろしけ..
by genbudo at 20:33
マイヨットさん こんにち..
by genbudo at 08:17
はじめまして(*^_^*..
by マイヨット at 23:23
F.KUBOTAさん ..
by genbudo at 09:27
すみやさん、植物の生命力..
by genbudo at 09:21
これは素晴らしい!! ..
by すみや at 07:38
すみやさんの炭でおかきを..
by genbudo at 08:47
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧